年齢差大の国際結婚の悲劇?喜劇?(閲覧覚悟 ムカつきます)2


まぁこの流れは、
全世界の共通の出来事だな。
知らないのは
「お登り日本人」だけ。

ホント残念。

勝ちに行こうよ

マジで。

このアブドゥール・パジャフ(仮名)は
夜な夜な出かける経緯があり

錦糸町のディスコに出没するロシア系の

美女軍団の1人
アニーシャ・ケチプロビッチ(仮名)にご執心。

アブドゥールは日本人の親友がいるとばかりに
私を錦糸町へ数回ともなく連れまわした。

「薄っぺらい見栄」

本当に中東方面の特定宗教所属している奴らの
見栄は面倒臭せー
スポンサーリンク



なんだかんだで、
私もこのアニーシャ・ケチプロビッチ(仮名)
34歳と仲良くなった。

後で知ったのだが
彼女には日本人の旦那と
その旦那との子供がいるとの事。

でもアブドゥール・パジャフ(仮名)40歳は
時間さえあれば夜な夜な
錦糸町の彼女の自宅に訪れだしたのだ。

おいおい、
旦那いるのに大丈夫なのかよ、、、でば
もちろんこの二人は
お熱い夜の情事は毎回の事。

アニーシャによくよく聞くと
日本人の旦那とは現在別居状態だけど
たまに様子を伺いに
嫁の自宅を訪れているようだ。

ある日、アブドゥール・パジャフ(仮名)が
彼女の家で晩飯をご馳走になっている場に
旦那が来たとアブドゥール・パジャフ(仮名)
から電話が私にかかってきた。

私がその旦那さんと
電話を変わったところ、
別に怒ってはいないが
約束を守ってくれるように
私からアブドゥール・パジャフ(仮名)に
伝えてくれとの事。
スポンサーリンク

つまり、
「日曜日は家族だんらんの日
だから嫁に誘われても来ないでくれ」
との事。

私は???が頭に一杯になりました。

アブドゥール・パジャフ(仮名)曰く、
この日本人の旦那さんは
彼の事をボーイフレンドと
認めたと言うのです。

えっ??なにそれ。

アブドゥール・パジャフ(仮名)は
変な日本語で

「あれはぁ~ せっつくぅすぅー できないよーな」

と、私に説明ですよ。

旦那さんの年齢は68歳。あぁぁぁ、納得。

当時、小学校5年生の娘(11歳)が
アニーシャ・ケチプロビッチ(仮名)
にいたので結婚当初の旦那の年齢は
57歳でアニーシャ・ケチプロビッチ(仮名)23歳。

歳の差結婚は34歳だね。

ここからは私の憶測だよ、

結婚当初はまだ大丈夫(夜のエンジョイね)な
年齢だったけど結婚生活の年次を重ねると
やはり体力等に衰えがでる年齢だよね。

でもね、嫁の方にしたらまだ
現役バリバリのエブリナイトかもーんでしょ。

問題点はここだよね。

日本人の旦那は離婚もせずに
嫁に対する営みを
「他の男に任せる」
決断をしたんだよな。

可哀そうな
そして胸が苦しくな

るような話じゃんか、、でば

でもね、
この日本人も私から言えば
「大馬鹿」か「ドM野郎」だよ。

嫁も「恩知らず」の「糞野郎」。

日本に滞在したいが為の
「謀略結婚」だろうよ。

とも言いたくなる私の「心境」
理解してもらえますか?
スポンサーリンク



この件で得したのは
私の友人だった中東アジア出身の
アブドゥール・パジャフ(仮名)だけだw

官能小説かエロ漫画ネタだろ。。。

これリアルな話だから、

まだフィリピン人の話しじゃないじゃんと、、
はい、次の章にフィリピン人のお話出てきますので

話はまだ続く

国際恋愛・結婚ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください