★時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 フィリピン嫁 編 


では、なぜフィリピンで「嫁探し」なのか?
この点を明確にしなければならない。

この国は 超がつくくらいの「親日国家」なのだ。

日本人なら必ず「モテル」のである。

なぜモテルのかなどの理由などどうでもよい。

それを「利用」しようというのが第1の提案である。

相手が貴方を「受け入れる」と言っているのだから

素直に受け入れろ。

「なんで?」などと考えなくても良いのだよね。


スポンサーリンク

次に気にするのが必ず「言葉」の壁。

日本人の大多数が日本語しか使用しない。

だから日本語で話の出来るパートナーを希望する。

なぜ、話をできるように努力しないのか?

そのせいで多くの選択技を自ら切り落としている。

ここで、重要なポイントは、

まだ見ぬ貴方に好意を抱いている未来の花嫁も

実は日本語は最初はわからない。

お互い様(五分五分と言う事)なんだね。

まだ見ぬ貴方の花嫁は貴方の事が「めちゃくちゃ好き」なんだね。

好きな理由などどうでもよい事、まずは突き進んで「真の花嫁」に

する事が貴方の目標のはず。
スポンサーリンク

どう、国際結婚の一番の壁、「もやもや感」ちょい和らいだ?

言葉って重要なのは理解していると思うけど、理解できる民族同士だと

理解する以上の感情なども理解してしまう事がある。

それが常に良いとは決して限らない。


まして、年次を重ねた未婚の紳士の場合はなおさらである。

お互い察する気持ちを持って前に進む国際結婚は、

相手を理解しようと積極的に思考回路を動かしている。

相互理解と思いやりの気持ちが自然と出ているも国際結婚の特徴である。

例えるなら、
貴方のペットがいつもと調子が違う、しゃべれない貴方のペットに貴方は
貴方なりに声を掛けて理解しようとする。
貴方のペットは貴方の言葉を理解しているだろうか?
必ず貴方のペットは貴方の「愛している」感情は受け取って伝わっている。
それは決して間違っていない。

実は言葉の壁・文化の違いがお互いを理解しようとする強力な

粘着剤の役目を果たしていたのである。

ではここまでの小まとめをしておこう。
スポンサーリンク



1.親日で日本人大好きなフィリピンで貴方の花嫁を探す
2.言葉や文化の壁はさらなる深い愛への強力な粘着剤である

次編はいよいよ 「8分への道しるべ」ご期待ください


国際恋愛・結婚ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください