★時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 フィリピンの風を肌で感じろ 編


フィリピンの風を日本にいながら感じるにはやはり「国際社交場」である

フィリピンパブ=ピンパブへ一度は行ってみよう。

ピンパブベテランの諸氏はこの部分はスルーしておいて欲しい。

とにかく雰囲気・匂い・視覚といいフィリピンをとても近く

感じる疑似体験ができる場所である。

ただ、間違ってもらって困るのはそこが最終場所ではないと言う事だ。

10年前のクラブは現地のプロモーターが厳選してオーディションを勝ち抜いた

日本人を虜にする日本人ご用達仕様のモデルみたいなのが沢山いたのは事実。

あえて現地に行かないでもその場でリアルに求婚していた方も多数いた。


スポンサーリンク

クラブへ払う金額=結婚相談所へ支払う金額と考えればよかった時代。

では現在は、フィリピン人に対する日本国の入国規制等でクラブで仕事目的で

来ることがとても困難になっている。

現時点で仕事をしているフィリピン人の平均年齢は40歳前後。

つまり全盛時代に日本で活躍していた勝ち組のフィリピン人が現在の

クラブを引っ張っているね。

勿論、日本に滞在していると言う事は、それなりの

滞在許可を持っているのであってその大半が、配偶者での滞在許可。

つまり、誰かの「嫁さん」か「嫁さんだった」って事だよね。

40歳前後より若い30歳前半のフィリピン人の場合、

日本に滞在しているフィリピン人
スポンサーリンク

親族の助けで一時的に日本へ来ている者もいるよね。

フィリピンクラブじゃ従業員の確保がかなり困難で(許可書件で)このように

日本に滞在しているフィリピン人だったら誰でも雇うのが現状の流れ。

そのおかげで、昔みたいなクラスA級の容姿端麗なスタッフはいないのが現状で、

フィリピン人だったらいいみたいなね。

でも、フィリピン人たる本質はオリジナルなので「フィリピンの風を肌で感じろ」

には持って付の低コストで可能な場所である。

ただし、そこはフィリピン人のベテランが貴方を接待するのだか

くれぐれも「引っ張られないように」本末転倒なのは願い下げである。

貴方の未来の花嫁はここにはいない。忘れないでほしい。

次にフィリピンの風を肌で感じでもらう為にはいっその事、

現地に行こう。

それはとても簡単で旅行会社のツアーに参加すればよい。

現地に4日も滞在すればかなり庶民的な部分まで垣間見れる。

クラブだけの風を見ていると実は「隠されている風」

に気づく事が出来ないのである。

実際のフィリピン人の生活実態の風を読み感じるにはやはり現地に滞在することを進める。

その国を好きになれば必然とそこに住んでいる方へも好意を寄せるのである。

4泊5日ぐらい格安期間だと4万円台で旅行が可能のもうれしい。

ざわついたフィリピン全体を感じたいなら勿論 首都マニラへ、

リゾートセブだよね

のんびり旅行を満喫リゾート全開なら セブ島へ

最初はこの2都市に絞って旅行を立てるのが無難であろう。

さらに旅行を期間を無駄にしない為に是非、旅行に携わる

ガイドブックを購入してイメージを持ってほしい。
スポンサーリンク



いろいろなわかり易いガイドブックが出ているので感覚に合った

物を購入すべきである。

ガイドブックではないか1冊手元に置いておくと便利な本がある。

「指さしタガログ語」である。

これさえ有ればかなりの苦労が軽減される。

旅行に行くまでのプロセスは他ブログで確認してパスポート申請して頂きたい。

もしかしたらこの旅行で貴方は花嫁を見つけ出すことができるかもしれない。

それはそれで幸運を受け止めれば良いだけ。


<イメージ画像を使用しています>


フィリピンの風を肌で感じろ ネット編に つづく


国際恋愛・結婚ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください