Mindano Marawi 激戦!ミンダナオマラウィ


フィリピン軍は17日、同国南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)の一部を占拠している
イスラム過激派武装勢力に空爆と砲撃で攻撃した。
1か月近くに及ぶ戦闘でこれまでに軍と過激派、民間人を合わせて300人以上が死亡している。

現地のAFP記者によると、塹壕(ざんごう)から攻撃してくる戦闘員の排除に
手間取る地上部隊支援のため空軍がMG520攻撃ヘリとFA50戦闘機で空爆し、
武装勢力が占拠する地域では火災で黒煙が上った。
戦闘の激しさを物語る自動小銃の発砲音も遠くから聞こえた。
スポンサーリンク



一方、約1週間ぶりに公の場に姿を見せた
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(72)はイスラム過激派組織
「イスラム国(IS)」の外国人戦闘員の存在がマラウィでの戦闘を困難なものにしていると語った。

マラウィの北東に位置するブトゥアン(Butuan)の軍駐屯地を訪れたドゥテルテ大統領は記者団に対し、
「(マラウィには)シリア、インドネシア、マレーシア、スリランカ、そしてアラブ人のISIS(ISの別称)戦闘員が存在する」と述べ、
「火あぶりや斬首など残酷な殺人法を習得した中東の戦闘員を相手にしているため、航空兵力を使う必要がある」と付け加えた。
ドゥテルテ氏はしばらく公の場に姿を見せていなかったことから健康状態が不安視されていた。

フィリピンのANCテレビは軍当局の話として、17日には同国中部から新たに軍人400人が空路でマラウィに移動したと述べた。

外国人を含む数百人規模の武装勢力は先月23日、ISの黒い旗を掲げて、イスラム教徒が多数を占める都市マラウィを襲撃。
ドゥテルテ大統領は、襲撃はISが同国内に拠点を作る作戦の一環だとして、掃討作戦のためミンダナオ島に戒厳令を布告した。
専門家によるとISの拠点設立は東南アジアに「カリフ制国家」を築きたいISの野望実現のため重要だという。
スポンサーリンク



フィリピン軍はマラウィの戦闘に関し、これまでに少なくともチェチェン、イエメン、マレーシア、インドネシア出身の
過激派戦闘員8人が死亡したと明らかにしている。フィリピン政府によると、
マラウィではこれまで過激派戦闘員225人、軍兵士59人、民間人26人の310人が戦闘で死亡した。

さらに戦闘とは別に、重度の脱水症状と下痢で避難していた住民19人が死亡したと、
同国南部のムスリム・ミンダナオ自治区(Autonomous Region in Muslim Mindanao)の
ムジブ・ハタマン(Mujiv Hataman)知事が明らかにした。

同国政府は、戦闘のためマラウィと同市周辺ではこれまで30万9000人以上が避難を強いられており、
その多くは友人や親戚宅に身を寄せているが、避難所に収容されている人もいるとしている。

CNN Philippines
動画配信はここをクリックし

*****海外報道より*****
スポンサーリンク



CNNフィリピンの画像を見るとオーストラリアのメディアがスナイパーに狙撃されて負傷したとの
報告もしてるよね。

こんな隣国でISISとの激戦が行われているのに我が国の「マスゴミ」は何も報道していない。
世界情勢がどうなっているのかを自ら情報収集しないとイケないとは、
ネットで情報収集が出来ない「民」に対する大衆情報煽動だな日本の地上波は何処も。

ダバオの友人からの情報だと同市内は何も変わらず至って平常との事。


フィリピンランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください