★時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 フィリピンの風を肌で感じろ ネット編


次に視覚的に格安でフィリピンの風を感じるにはやはり現代の

高性能な武器である「スマートフォン」を駆使していこう。

フィリピンの若者へのスマホ普及率はとても高い。

私の知り合いでガラケ持ちを探すのが大変だ。

ではそのスマホをどのように婚活に有効活用を行うのか?

たとえば、フィリピンへ旅行に行って知り合った方と

連絡を取り合うのに今の時代、電話する方はあまりいないだろう。

連絡の手段として「チャットアプリ」を使用するのが定石だ。

フィリピンでも普及している代表的な「チャットアプリ」は

Viber・LINE・FaceBook・WhatAPP

WeChat・Skype・imo等で特にメジャー

なのが最初の3個である。

ぜひ全部をおさえておいていただきたい。

使用方法は個別にネットで確認してほしい、とにかく簡単だから。

全部使用可能な状態にしておく事は「チャンスを逃さない」為である。

グーグル翻訳も入れておいてほしい。

これこそ貴方の最終兵器になる。
スポンサーリンク

ここまで貴方のスマホに専用アプリを入れたら

フィリピンの風を肌で感じる準備は整った。

フィリピンクラブも現地旅行も体験していない

貴方がこれから花嫁を探すネットへの旅に出かけるのである。

そのパラダイスゲートへはここをクリックして頂戴。

ここで所定の入力作業を行いメンバーになってログイン

出来るようにしておいて欲しい。

真面目に本名等を使用する必要は全くないが、「日本人を売りに」

できる名前にしてほしい。

自分の事を相手に見てもらうためにサイトに

掲載しなければならないので、

是非、神の1枚を撮影してほしい。

また、日本が感じられる貴方が写っている写真6-7枚を

掲載する事によって、好感度は急上昇確実!

桜・富士山・街中等の強い日本色、、

スポンサーリンク

間違ってもらいたくないのは決してスマホのアプリでの

このサイトを検索はしないでほしい。

名前が同じもしくは同じようなものが多数存在する。

私か提案している物は「課金なし」全て無料提供のこのサイトなのである。

このサイトで知り合い現地に赴くか。

現地でフィリピンの事を理解してからこのサイトに行きつくか。

順番は貴方の好きで構わないが、このブログの本題でもある

「8分でアボ取り」はこのサイトを利用して現地へ行き花嫁に相応しいか

見極めるのである。


慣れてる者なら「たった5行」の短いやり取りでアポ取り可能である。

ただの慣れのためにチャット遊びとしてこのサイトを通じて

フィリピンの風を肌で感じる事も超楽勝でしかもコストレス。

とにかくトライしてもらいたい。

貴方の未来の為のに、、、


スポンサーリンク




時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 チャットで攻略編では
簡単・短時間初婚への路を例文を入れて易しく解説。

恋愛・結婚ランキング


★時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 フィリピンの風を肌で感じろ 編


フィリピンの風を日本にいながら感じるにはやはり「国際社交場」である

フィリピンパブ=ピンパブへ一度は行ってみよう。

ピンパブベテランの諸氏はこの部分はスルーしておいて欲しい。

とにかく雰囲気・匂い・視覚といいフィリピンをとても近く

感じる疑似体験ができる場所である。

ただ、間違ってもらって困るのはそこが最終場所ではないと言う事だ。

10年前のクラブは現地のプロモーターが厳選してオーディションを勝ち抜いた

日本人を虜にする日本人ご用達仕様のモデルみたいなのが沢山いたのは事実。

あえて現地に行かないでもその場でリアルに求婚していた方も多数いた。


スポンサーリンク

クラブへ払う金額=結婚相談所へ支払う金額と考えればよかった時代。

では現在は、フィリピン人に対する日本国の入国規制等でクラブで仕事目的で

来ることがとても困難になっている。

現時点で仕事をしているフィリピン人の平均年齢は40歳前後。

つまり全盛時代に日本で活躍していた勝ち組のフィリピン人が現在の

クラブを引っ張っているね。

勿論、日本に滞在していると言う事は、それなりの

滞在許可を持っているのであってその大半が、配偶者での滞在許可。

つまり、誰かの「嫁さん」か「嫁さんだった」って事だよね。

40歳前後より若い30歳前半のフィリピン人の場合、

日本に滞在しているフィリピン人
スポンサーリンク

親族の助けで一時的に日本へ来ている者もいるよね。

フィリピンクラブじゃ従業員の確保がかなり困難で(許可書件で)このように

日本に滞在しているフィリピン人だったら誰でも雇うのが現状の流れ。

そのおかげで、昔みたいなクラスA級の容姿端麗なスタッフはいないのが現状で、

フィリピン人だったらいいみたいなね。

でも、フィリピン人たる本質はオリジナルなので「フィリピンの風を肌で感じろ」

には持って付の低コストで可能な場所である。

ただし、そこはフィリピン人のベテランが貴方を接待するのだか

くれぐれも「引っ張られないように」本末転倒なのは願い下げである。

貴方の未来の花嫁はここにはいない。忘れないでほしい。

次にフィリピンの風を肌で感じでもらう為にはいっその事、

現地に行こう。

それはとても簡単で旅行会社のツアーに参加すればよい。

現地に4日も滞在すればかなり庶民的な部分まで垣間見れる。

クラブだけの風を見ていると実は「隠されている風」

に気づく事が出来ないのである。

実際のフィリピン人の生活実態の風を読み感じるにはやはり現地に滞在することを進める。

その国を好きになれば必然とそこに住んでいる方へも好意を寄せるのである。

4泊5日ぐらい格安期間だと4万円台で旅行が可能のもうれしい。

ざわついたフィリピン全体を感じたいなら勿論 首都マニラへ、

リゾートセブだよね

のんびり旅行を満喫リゾート全開なら セブ島へ

最初はこの2都市に絞って旅行を立てるのが無難であろう。

さらに旅行を期間を無駄にしない為に是非、旅行に携わる

ガイドブックを購入してイメージを持ってほしい。
スポンサーリンク



いろいろなわかり易いガイドブックが出ているので感覚に合った

物を購入すべきである。

ガイドブックではないか1冊手元に置いておくと便利な本がある。

「指さしタガログ語」である。

これさえ有ればかなりの苦労が軽減される。

旅行に行くまでのプロセスは他ブログで確認してパスポート申請して頂きたい。

もしかしたらこの旅行で貴方は花嫁を見つけ出すことができるかもしれない。

それはそれで幸運を受け止めれば良いだけ。


<イメージ画像を使用しています>


フィリピンの風を肌で感じろ ネット編に つづく


国際恋愛・結婚ランキング


★時短!国際結婚8分でアボ取り初婚への路 フィリピン嫁 編 


では、なぜフィリピンで「嫁探し」なのか?
この点を明確にしなければならない。

この国は 超がつくくらいの「親日国家」なのだ。

日本人なら必ず「モテル」のである。

なぜモテルのかなどの理由などどうでもよい。

それを「利用」しようというのが第1の提案である。

相手が貴方を「受け入れる」と言っているのだから

素直に受け入れろ。

「なんで?」などと考えなくても良いのだよね。


スポンサーリンク

次に気にするのが必ず「言葉」の壁。

日本人の大多数が日本語しか使用しない。

だから日本語で話の出来るパートナーを希望する。

なぜ、話をできるように努力しないのか?

そのせいで多くの選択技を自ら切り落としている。

ここで、重要なポイントは、

まだ見ぬ貴方に好意を抱いている未来の花嫁も

実は日本語は最初はわからない。

お互い様(五分五分と言う事)なんだね。

まだ見ぬ貴方の花嫁は貴方の事が「めちゃくちゃ好き」なんだね。

好きな理由などどうでもよい事、まずは突き進んで「真の花嫁」に

する事が貴方の目標のはず。
スポンサーリンク

どう、国際結婚の一番の壁、「もやもや感」ちょい和らいだ?

言葉って重要なのは理解していると思うけど、理解できる民族同士だと

理解する以上の感情なども理解してしまう事がある。

それが常に良いとは決して限らない。


まして、年次を重ねた未婚の紳士の場合はなおさらである。

お互い察する気持ちを持って前に進む国際結婚は、

相手を理解しようと積極的に思考回路を動かしている。

相互理解と思いやりの気持ちが自然と出ているも国際結婚の特徴である。

例えるなら、
貴方のペットがいつもと調子が違う、しゃべれない貴方のペットに貴方は
貴方なりに声を掛けて理解しようとする。
貴方のペットは貴方の言葉を理解しているだろうか?
必ず貴方のペットは貴方の「愛している」感情は受け取って伝わっている。
それは決して間違っていない。

実は言葉の壁・文化の違いがお互いを理解しようとする強力な

粘着剤の役目を果たしていたのである。

ではここまでの小まとめをしておこう。
スポンサーリンク



1.親日で日本人大好きなフィリピンで貴方の花嫁を探す
2.言葉や文化の壁はさらなる深い愛への強力な粘着剤である

次編はいよいよ 「8分への道しるべ」ご期待ください


国際恋愛・結婚ランキング


★時短!国際結婚8分でアポ取り初婚への路 準備編★


国際結婚別にいいんじゃん?

需要と供給が崩れている日本だけに照準を合わせたら視野が狭い。


おとなりの国、朝鮮とか台湾を見てみよう、めちゃめちゃ国土が日本より狭い。

なのに産業の発展と同時に人口も増えた。

がしかし、男女比率のバランスが崩れ深刻な「嫁さん」不足に陥った結果、

台湾人は大陸とアジア諸国に目を付けて嫁さがし。

朝鮮も深刻な嫁不足になりアジア諸国で嫁探しを積極的に行っているね。

じゃないと、とても小さな国なので間違って「近親相姦」なんて事態に

なり兼ねない。日本に目を向けよう、

なんせ、「50歳未婚過去最高に!35歳結婚限界説及び一生独身が現実味」
スポンサーリンク



こんな記事がやたら出ていてどうなっちゃうんじゃ ジャパン!

50歳の4人に一人は一回も結婚しないで人生終焉してまう。

だから日本の人口が極度に減ってきている。日本人滅亡の危機じゃんか。

つて事で結婚までの時短予備知識を私の意見・アドバイスとして記載す。

なんで未婚率がここまで多いのだろうか?

私が男性なので男性の視点でしかも私の経験から考査して、

チャレンジしていただける諸氏が現れ、未婚率の改善に繋がればと切に願う。

生物学的に男性は子孫繁栄を行うのがその任務である。

それを放棄したということは生物学的に雄では無いと証明された。
(イギリスの研究論文だったか)

未婚だと自分の好きなことに生きるとか、人との交わりが苦手だとか

いろいろな理由があるだろうがそのことにより生物的に

「雄」ではなくしたんだよね自分で。

言い換えれば、雄である以上雄の役目を果たして「男性として人生を謳歌する」

のが人類としての定めだし日本人繁栄のための義務でもある。

この考えに異議があるとする未婚の男性諸氏がいるならちょい待ってくれ、

だから未婚なんだよと言う自分の状況を再確認してくれ。

私の友人で40歳超えての未婚の諸氏は大抵同じような思考回路を持っている。
スポンサーリンク

その最たるものが、

1.相手に対して今まで以上に大きな期待を膨らませている点
2.「この年まで待ったんだから」感が異様に強い点
3.妥協ができない点
4.なんで俺が外人と結婚なの?俺だって日本人と初婚したいよ、、的な

とにかくこの4番の気持ちはとてつもなく大きい。

「そんなのお前の希望やん、だれが相手にスンの?」的な事を多分意識改革無では

生涯未婚だということを理解できないのだろうと思う。

こんなこと直接言ったら人間関係自体の崩壊だ。

別に遊んで暮らせる状況でもないし、容姿端麗とお世辞でも言えない状況を理解して

次に進め!!!

俺は銭もあるしカッコいいと思うならお好きにどうぞである。

残された時間は限りなく少ない。
40歳未婚で41歳で初子供、子供が成人する時は60歳越え、
50歳未婚だと子供の成人式にあなたがいる確率を考えると涙が出る。

この状況を理解できれば活路が見いだせる。

貴方は結婚がしたい、、

じゃ「私は結婚がしたい」と言っている女性を探せばよい。

どこで?

結婚相談所? 国際結婚相談所?

大きな金額が動くシステムに乗ってやるも、貴方の気持ちが晴れるなら

いいんじゃないの。

出会いの方法は何でも有なんだからね。

大きな視野で隣国での嫁さがし必勝ケースを見てみよう。

今からでも、この必勝パターンに日本人も参戦すべきだと思うよね。

海外における「日本人」の評価はとても高い。

つまり、貴方には日本人というブランド力がある。

生産国日本・日本製・メイドインジャパンそのものである。

ピンと来ないかもしれないけどそれは「凄まじー」勢いがある。

日本のピンパブで「ピンボケ」している諸氏は一度フィリピンへ行くべきである。

日本人の価値がピンパブでのそれとはまるっきし違う。

クラブで洗脳されている全ての価値観が崩壊し新たな世界が広がるはず。

たんに嫁さがしの理由でこのブログにたどり着いた諸氏はフィリピンに対する

固定概念がないので予備知識の吸収は早いのではと思うね。

つづく フィリピン嫁 編
スポンサーリンク




国際恋愛・結婚ランキング


アナルメントってわかる?


重要な言葉だから覚えておいて。

この国では離婚はできません。

そんな独身の諸氏や新たな人生の伴侶を外国人と過ごす日本も国際化してきたよね。

ただ、間違っちゃいけないのは根本的な思考回路が普通の日本人の考え方と全然違うよね。

その国々の人の考え方って生まれた時からその国特有の環境で養ってきた物だから日本人と同じ訳がない。

日本人は「そんな事言わなくてもわかるだろ」感ってかなり有るけど、私の経験で世界で通用した事はないよね。

昔流行った言葉で「日本の常識、世界の非常識」みたいな。でもこの言葉って日本を下に見るような下品な言葉で

私には受け入れられないな。じゃ違った言い方をすれば「日本人は臨機応変に対応が可能」。

この事に気が付いてないんだな、さらに日本と言う「のほほん」と暮らせる国の諸氏がお上り状態で海外という無法地帯へ

日本での常識もって行くのだから現地での問題対応能力は限りなく低いよね。

外国に行っても「日本では、、、、」の連発でしょ?読んでいて納得いくでしょ。

さて、本題に戻すけどとても厳しい宗教観にあるこの国では先に話した通り「離婚はできません」。

離婚を英語で言えば「divorce」。ところが離婚という概念があえてないこの国ではその事を

「アナルメント(Annulment)」と現地では呼び、その意味は婚姻無効裁判である。

私からすれば同じような事だけど。詳しい内容はググって(google検索)頂戴。

検索「フィリピン アナルメント」でね。

でもね、この言葉とかを検索するような状況の諸氏はどの様な状態か察しがついてしまいますので、

「負け組 日本人」にならないよう是非、この国の闇の部分をよく理解してよ。

とにかく、この部分が全ての「問題の始まりで」貴方が金銭的に負担を強いられる要因だからね。

じゃどうやって婚姻履歴を調べたらいいのか、、

対象人のNSO(National Statistics Office)書類を誰かに取得してもらってよね。

戸籍みたいなものだから全てわかっちゃう。婚姻に関してこの項目を「無かったことにする」行為が

アナルメントだよ。ネット検索してみてよ、すげー勢いで 行政書士や国際弁護士、現地の代行業者等が

出てくるよ。彼らの仕事のチャンスが無限大にある領域だって事かよくわかるよね。

ちなみにこの手の相談受けるんだけど、私は知らないことは現地の従業員に聞くだけ。

アナルメント対象を引かない為にも、
真剣になるならNSOの提示を求めろ!!!
なんだかんだ言って提出しないようなら対象人は「要注意」

もう一つ、タグリッシュ(タガログ語と英語のミックス)で

CENOMARセノマー(Certificate of none-marriage)が現時点で

最強の確認書類。

この書類の存在を知っているフィリピン人って狙ってるよね。

先に行く前にいったん停止、左右確認!!負けるな日本人。


国際恋愛・結婚ランキング