やば!! フィリピン行かなきゃ6 4日目(マニラに行く po)


朝5時、、、起床。

8時10分のマニラ行きに乗ります。

朝食が6時からでしょ、
国内線のチェックインは45分前までOKでしょ、

6時30分にタクシーに乗れば間に合うか、、
変な逆算を朝からして、朝食を取ったww

今日は日本からの顧客がマニラに到着する日なので
遅刻は出来ないよね。
スポンサーリンク



とりあえずタクシーの中から
数枚記念のショット。
道路標示版ですが。

到着の時にもセブ空港を見たけど、
空港を増設しているようですね。
小洒落た屋根が印象的です。

なんのハプニングも無く空港の待合室へ、、

おっと、

チェックインは自動機械を使いました。
これね、簡単。

セブパシフィックのチケットにある
予約番号を入力するだけ。

席の指定はできませんでした。

マニラ行きは並んでいる方多いのでこれは便利。
でも、荷物を預け入れるのに並ばないと、、、
私はあいているカウンター
(たとえば重量支払いカウンター)へ行き、

荷物を預けいれました。
ちょっとお願いして、、

荷物をチェックイン後、
搭乗ゲートへ向かいますが、
入り口は「自動化ゲート」に
なっていました。

チケットのQRコードを読み込ませて
ゲート・オープン。
なんか、近代化してますねー

最後の荷物検査を通過したら出発ゲートの
案内板があります。

左側の通路へ行けば国内線。

右は国際線の掲示板があるけど
何であるのかな?
壁で隔ててあるのに、いけないでしょ((笑)

待ち合室の中も小奇麗になっていますね。

特にこのトイレ入り口はドバイの空港を思い出しました。

椅子も以前はそっけない
プラスチックのグレー色だったのが
この通り。


徐々に進化してんだなと感じますね。

奥にあった「土産物や」です。
空港の入り口にも色々ありますが
基本、販売している品物は一緒です。
価格もほぼ一緒見たい。

一通り歩いてみて、
搭乗口前の待合室で
ひと時を過ごす。

携帯アプリ「FRESH!」で
ライブ放送を束の間楽しむ。
ちょうど「虎の門ニュース」の
時間なので視聴する。

百田氏の小気味よいトークに
つい笑ってしまった(声を出してw)

搭乗ゲート待合室も朝早いと言う事もあり
そんなに人の数は多くもない。

搭乗口は5番ゲート。
定刻通りに搭乗開始。


でわ、飛行機に乗りますので
しばし撮影終了。




程なく定刻通りにマニラに到着。

第3ターミナルで唯一の問題は「タクシー」。
並んでるの本当に面倒。

呼び込みタクシーはいい加減だし、
観光省は外国人から
アンケート調査しないのかな??

前にも書いたけど
第3ターミナル・タクシーゲットの
「裏ワザ」は、出国ゲートへ上がって、
出発者を送ってきた
タクシーに乗るのか一番簡単。


↑わかっていてもまだ朝早いから
どうするかと歩いていたら、、
見つけました
「UBEエクスプレス」
この黒いバスの終着は
マラテのロビンソン。

ロビンソンから利用したことは
あるんだけど空港からは無いな。
よし、ネタ作りに利用してみるか、、、w

運転手に予約なしに乗れるの??
空港からは予約なしで大丈夫見たいだな、
ロビンソンからは事前に予約した覚えがあるけど。

価格はロビンソンまで「150ペソ」。

どのくらい時間がかかるのやら、
途中下車ありのバスだからね。
ルートは空港を出てMOA方面へ。
途中、オーロラ・ブルーバードを右折して
エドサへ出ます。
スカイウェイにぶつかったらそこでUターンして
エドサまたロハス方面へ行きます。
ビクトリーライナーパサイステーションへは
ちゃんと立ち寄ります。
そこからエドサをMOA方面へ走り
ロハス通りを右折して真っ直ぐ、
ブエンディア通りで右折。
チョイ走ってブエンディア通りをまたUターンして
ロハス通りへ戻ります。
ひたすらまっすぐ走って、ペトロヒル通りを右折。
そのまままっすぐ走って終点マラテのロビンン。
私はこの日はリビエラ泊なのでロビンソンまでは行かなく
程よい感じの所で下車しました。
スポンサーリンク



ルートはこんな感じで「地図」にしたので
確認してください。

このバスのルートは
大きなバスターミナルを
機軸に巡回していて、
そのルート内だったらどこでも
途中下車OK。
フィリピンスタイルのバスです。

到着までに要した時間は約1時間15分。

でもって、再認識したのが、
第3ターミナル出発ゲートに行って
タクシー拾ったほうが
賢明だったと私なりの結論です。
時間かかってロビンソン行くのも嫌だし、
この列に並ぶのはもっとやだよな!!

しかしながらバスの座る場所が良いと、
この様に私の座った座席は足を延ばせます。
かなり大胆に。
リクライニングもばっちり。

これ、なんとなく「市内観光」のバス
だと思えば楽しめるんじゃないかな??

面白いと思った方は一度試してくださいw。

顧客の到着は午後3時50分。
また空港に戻らないといけない。
ちなみに、私が宿にチェックインした時刻は11時。

ところが超渋滞を理由にスタッフが
社用車は夜取りに行くと連絡が来た。

まあ、確かにひどい渋滞なのは確かだけど。
迎えに行くのどうすんだよと小言を少々。

結果、タクシーで迎えに行って、
タクシーで帰ってくることに決定。

なんて無駄なんだろうと
つくづく考えてしまう。
スポンサーリンク



さて今回のマニラでの宿泊は、、
毎回同じホテルの使いまわし、

「リヴィエラ マンション ホテル」

最初にチェックインしておこっと、、
毎回ここじゃんかwww

迎えにつづく


フィリピンランキング


やば!! フィリピン行かなきゃ5 3日目(セブ島で免許更新) 


今回の旅前半最大の山場!!!
マニラで取得した
フィリピンの自動車免許を
地方都市で更新できるのか?

前日、SMセブにあるLTOを
下見してあるので場所は問題なし。
モールの開館あたりに
行こうと朝はのんびり
朝食を取りながら
コーヒーをたしなんだ。

スポンサーリンク



9時45分
さあモールへ行こうとタクシーで、、

程よく10分ほどで現地到着。

LTOへまっしぐら、、

げげげ

この人だかりは想像していなかった。
10時15分に到着でこの人数、

今日はこの手続きで終了かもしれない(泣

受付の女性に手続きの流れを聞き、
そして恐る恐る
「だいたい何時間くらいで終わりますかね?」
と聞いてみた。

ドラックテストまで3時間まち、そして更新の列に並ぶ。

「完全に終わった、1日をマジで無駄にする」

とりあえず列に並んでドラックテストの整理券を貰う。

私の前に並んでいた
フィリピン人とチョイ会話。
この近くに別のLTOがあるから
そちらに行くかどうかを話していた。

私もMAPで近くのLTOを確認、
確かに近いが現地の状況が判らないよね。
時間をかけて移動しても
こちらと同じ状況だったら、、、

一瞬で判断した「現状維持」。
どうせ同じでしょ、移動するだけ疲れる。
彼らは列を離れた。

私の前はアメリカ人の夫婦。
赤字で囲んだ人ね、その後ろに私か並んでいます。
長い赤いラインは列の流れる方向!w
ほとんど後方。

私の整理番号は「51番 バッチ2」。

整理券を貰うと同時に検査・登録料として
500ペソを支払う。

整理券と領収書をこの1番で貰って2番へ、、
こんな感じに進む。
バッチはグループ見たいなもので1バッチは100名。
現在、バッチ1で表示番号は28番。

さらに窓口2・3・4番を完了してドラッグテスト
パスの用紙をもらう。
2番は更新内容の再登録と指紋登録。
3番はトイレにて尿採取。
4番は医師による問診。

3時間くらいは待ちそうなので
SMセブ内をプラプラする事に決定。

昼前まで何となく時間をつぶす。
飯屋をどこにするか探していたらなんと
「NEO NEO=ネオネオ」を見つけた。

しまった!写真撮るの忘れた~

かなりリーズナブルなシーフード料理・フィリピン料理を
提供している。

フエンテオスマーニャ・サークルにある
ロビンソンモール裏手にあったのだが
無くなってしまった。(2月の事)

スポンサーリンク



復活したのかなと、考えながらも、
ここの「NEO NEO=ネオネオ」に突入。

お目当てはAA BBQで欠品していた「海ぶどう=LATO」。

すかさず注文。
あとは何となく数品を注文。
こんな感じに、、、


だいたい午後1時近くまでゆっくりと食事をし、
私の順番の確認をしに行った。

飯は美味そうでしょ??
実際 美味しいし、、大好きセブ飯w

「うんーーーん、まだだww」

しかし、
バッチ2のグループ番号は
スタートしているが一桁台。

私の前に並んでいたアメリカ人の番号が
50番だから彼らが居るか周りを
見渡してみたがまだいない。
彼らも私の順番待ちの目安になったww。

午後2時過ぎ、バッチ2の40番台に突入。
席が空いたからドラッグテストの待合室内へ。

隣のフィリピン人とちょこっと会話、
面白いことを言っていた。

目と鼻の先なのになかなか
到着できないもどかしさ、
フィリピンの
スタイルは大変でしょ、、、と。

順番が近づく毎に

「マラピット・マラピット」
(もうすぐ・もうすぐの意)
と小声で自分に言い聞かせている。

おもわず笑ってしまった。
面白い言い方をするもんだ。

アメリカ人が現れた!!!
順番は47番、絶妙なタイミングww。

この辺りから写真撮影できません(すまん)

2番窓口に呼ばれ免許を渡して質問に答える。
指紋認証機に登録をする。
これで2番は完了。
書類をもらって、3番窓口で順番待ち。

流れがいいのか直ぐに呼ばれた。
3番窓口は尿採取。
ボトルを渡され係官が採取の後姿を確認しながら
尿採取。終わったボトルを渡して蓋を閉め、私のサインをした
テープをボトルキャップへ貼り付けて終了。
検査室で尿から薬物が出ないか行う。

5枚つづりの申告書を貰い、記入しながら
4番窓口で呼ばれるのを待つ。

記入用紙は「レ点」されている所だけを記載すればよい。
性別とか住所とか簡単な項目。
何で「複写式」になっていないんだと、、、面倒くさい。

4番は書類が整ったら窓口に書類を提出する。
私の前のアメリカ人はまだ書類の記載が済んでいないみたいだ。

たぶん、しっかり書類を読んで記載しているのだろう。
この点、日本人は得をするのかもと思う。

住所記載の部分は私は記載していない、面倒だから覚えていないと
言えばそれはそれでOKが出てしまうww。

係官「住所は免許書の記載の通りですか?」
私「はい、そうです」

こんな感じでOK。

呼ばれるまで待合席へ戻る。
アメリカ人は案の定しっかり書類を確認しながら
記載している。

米人「はやいな、書類記載」
私「適当でいいんだよ」
米人・私「ははははは」

米人は国際免許書からのP国免許への新規登録だと、、
私は更新だと告げた。

4番窓口に呼ばれた、、
軍隊の軍医風のおじいちゃん医師。

医師「おー、トウキョウ・ジャパン」
「ツナミ だいじようぶか?」

こんな感じに世間話、しながら血圧測定。
過去の病歴質問。
ところどころに「イエス・サァ-」を使う。

これは小さな私流の言葉遊び、、使ってみたかったww。
戦争映画の1コマみたいな感じで、、、ははは

程なく完了。

肝心のドラッグテストの成分分析完了まで
さらに待つこと30分。

必要な提出書類は整った。

時間は午後2時40分。
隣のLTOへ整った書類を提出し今度の受け付け番号は
「275番」。

現在170番台、前に約100人か、、とほほ。
受け付に聞いてみた、私の順番は大体何時ぐらいですかね。

午後4時30から5時位かなだって。

ここでは、順番が呼ばれたら手持ちの書類を全て
窓口に提出。

まだ、時間があるのでさっき気になった
「眉毛のサロン」

ここに行って眉毛を整えることにwww

眉毛だけの専門サロンとは面白い事
やるもんだな!
メニュー表も面白い

トリム整え完了。
150ペソでした。
金運上がる眉毛にしてみましたww

さてLTOへ戻って見ますか。

中に座って順番を待ちます。
やったー呼ばれたぞー

「番号じゃなく、名前で」

名前を呼ばれたら免許用の写真撮影とサインの登録。

次に呼ばれたら「更新料」支払い窓口で諸費用を支払う。
更新料支払い窓口では支払う金額が個々の申請人で異なる
金額が掲示されている。

最安値が約630ペソで800ペソ近くの掲示もある。
となりのピノイに聞いてみた。

なんで金額が違うの?
更新遅れのペナルティと言う事だ。
なるほど なるほど

ちなみに交通警察とかに捕まって
未払いのまま帰国しちゃったり、
忘れてたとかだったら
この段階で初めてわかる事だから、、
更新は支払いをするとか別の所定の手続きを
完了してから出ないと出来ないとの事。

つまり、ここまで費やした時間が全て無駄。

恐るべし、システムだ。

ほどなく、写真撮影とサインの登録完了。
支払いもペナルティも無く最安値で全て完了。

わぁー、おわったぁ。
午後5時40分。

しかし、免許自体の交付は2ケ月後位との事。

マジか。

付属の書類(かなり重要)の更新で
新しいカードが交付されるまで
古い免許が使用できるとの事。

ここで疑問だ、
新しい免許証はどこのLTOでも交付可能か?
係官いわく、ここでそれは直ぐに返答できない。
ただ、この場所に戻ってきたらいつ
新しいのが交付されるかはわかるとの事。

「???なんだそれ、まいいか」

時間があったらパサイの
LTO行って聞いて見ます。
確認取れたら報告しますね。

結論は、
免許の更新はどこの都市でも
可能だという事がわかりました。

今日一日使って免許の更新完了です。
この書類が非常に重要!

が、かなり面倒だし時間の無駄。
パサイとか大きなLTOだと
ガイド見たいな連中に任せて
チップやればこんな時間の
無駄は無いな。

ブログネタとしてはどうなのかな?
私としてはまた違ったフィリピンが
見られた感じがしたな、、、と。

ここで宣言、、
私は「薬物を使用していない」
とフィリピンの政府機関で
証明されました。ははは

ホテルへ帰ってチョイ休憩。

実は7時にアヤラモールで
簡単な打ち合わせがあります。

ネットワークで小物を販売している
現地自動車会社勤務
の経理担当の方。

セブ島にビジネスの「点」が生まれれば
遊びではなく仕事として当地を再訪問できる。

楽しみ楽しみ、、、

明日はいよいよ マニラに行きます。

朝、8時のセブパシフィックです。


フィリピンランキング


やば!! フィリピン行かなきゃ4つづき 2日目(目覚めて)


おはようございます、
目覚めました、、つづき

という事で、
午後7時前に「よみがえり」
携帯をいじくり始める。

あっ!そうだ!と、
いきなりひらめきが
降りてきました。

だいぶ以前に、
知り合いとアヤラモールの
「ラグナ」と言う
フィリピン料理を今風にアレンジした
洒落た店を思い出しまして、
行く気満々でいざ出発。

スポンサーリンク



タクシーに
「アヤラモールまで」
と告げると「新しいフィングか?」
と聞かれ、

えっ??新館でも出来たのか?
聞いたらそのようだった。

知らない場所に連れて行かれるのも
面倒なので古いウィングで
降ろしてもらった。

ラグナレストランは何処かと
入り口から歩き始めたら
白人の酔っ払いご一行が気分良さ気に
エスカレーターを上っていくのを見て、
とっさに後を着いていった。ww

スポンサーリンク



「何かある、、、」

屋上テラスに洒落たBARが在るではないか。

「知らなかった」

欧米にあるような
オープンBARで飯もメニューを
見るとそこそこ旨そうである。

即決ここで晩飯が決定したので席に着いたwww

BARの名前は「Social」。
そもそも、アヤラモールに来る連中は
ソーシャル気取か本物が多いのも確か。

ここにいる連中も
ウェスタン系がおおいし、
現地の連中は身なりも
洒落てるし、そんな場所を探していた
チョイ悪おっさんの
私にはちょうど良い空間。

それでも、一人でいると
ちょこまかとよってくる者がいるのも
またフィリピンの情緒。
適当に受け流していたのだけど、、、
モデルみたいなのが寄ってきたので
同席した。

こんな感じの、、、
かなりイケてます。

まあ、
11時過ぎまで時間つぶしに
付き合っていただきました。

ありがとう。
記念にツーショット。

実は彼女は、、、
レディボーイでした。
ビックリしましたね。

六本木の高級クラブいる「ねーちゃん」
とたいして変わらんじゃんか、
と思いましたね。

でも、
明日は朝から免許の更新なので
日をまたがないでお開きです。

また、セブ来たら飯でも食おうと約束して
バイバイ!

この場所はお勧めです。
みんな知ってるのかな??
でも、日本からの方はこの日は
私しかいなかったからね。

アヤラモールには観光客や語学留学の
日本人多数見かけましたが。

ここは、穴場かな??w

ホテルでお休みタイムです。

明日はいよいよ、本題の免許更新。

マニラ以外での免許更新は初めてです。
しかも、地方での、、、

スポンサーリンク



乞うご期待、、、

フィリピンランキング


やば!! フィリピン行かなきゃ4 2日目(昼ね)


みなさーん
「やば!!フィリピン行かなきゃ3 来たよ」
を再構成して写真入れました。
最訪問してみてください。

そ・れ・と、、、
現地から携帯で更新しようかと思ったら
伝えたいことが沢山ありすぎて「無理」
だと理解しましたww

写真点数も多いので掲載加工も
PCじゃないと慣れていないから。

本文は現地で書き溜めしているので
随時更新いたします。

では現地2日目をどうぞ……
↓  ↓  ↓

早めに目覚めた 日曜日。
朝食は6時からなのでチョイ早いな。
外に出てホテルの概観を写真に、、

入り口はこんな感じ、、

ロビーの受付の感じね

シャワーをとって
ちょうど良い時間になった
朝7時30分。

それでも日曜日の朝としては早いよな。

さて、今日は何をしようかな?
と考えながら朝食へ向かった。

スポンサーリンク



2階のテラスが食堂。

結構小奇麗にしてるよね
欧米人も多いほてる。
ちなみに、日本語話すスタッフは
私の時にはいなかったな。

ハムとチーズのオムレツを注文。
それとコーヒー。

小1時間くらいネットでニュースやら
地元情報を確認して
さあーなにやるか?と。
テラスから覗き込んだ風景、、w

とりあえず、
今回の旅前半の本題である
「免許証の更新」
をやる場所を下見でも
しておこうとSMセブに向かった。

LTO(日本の陸運事務所と免許センター)が
SMセブの中にあった。
ただし免許の更新関係だけの業務みたい。

ホテルから徒歩で15分くらいだったが
さすがに面倒くさいのでタクシーで、、、
60ペソくらい。

9時45分は開店していなかった、

10時開店。

ぼーけーと待ちました。
3階辺りの奥、
GYMの前辺りにありました。
小さなLTO、、、

その隣にドラックテスト。

場所が確認できたので明日はOK。

さあどこ行くかな、

下見がたった5分で完了。
予想外でーすwww

スポンサーリンク



時間つぶしにマッサージでも行くことに!
ホテルの近くで探したら

「nut thai」マッサージ発見。
タクシーでSMから8分くらいで到着。

11時開店の所を
10時40から施術して頂きました。
わがまま日本人炸裂w

通路の雰囲気はリゾート気分

マニラと比べると
金額はほぼ半額で
マッサージが出来るのも魅力

時間つぶし2時間で昼飯過ぎになったのでと、
さあー
本日絶対食うぞの
「海ぶどう=LATO」
セブに来たら毎回、鱈腹食う

そこで前回滞在したときに食べた場所の
「AA BBQ」
を近場で検索=トリップバイザーの活躍です。

タクシーでマッサージから約5分で到着。
スポンサーリンク




一人で食事もつまらないから
「ちょちょいのちょい」っと
食事に同席して暇つぶしのお手伝いを呼び出した。
その間に注文を済ませてと、

ところが、本日のメインである
「海ぶどう=LATO」が無く、
海ぶどうの粒が無い茎だけの食材である
「GUTO」
しかないとの事。

仕方なく注文・・・残念!!!!

食事はこんな感じ。

食いかけで撮影してないこと思い出した。
すまぬ、食いかけでww

でも、こんだけ頼んで
「1000ペソ位」はマニラじゃ無理だな。

たらふく食ったし
朝早かったので休憩しにホテルへ帰ろうかな、

それとも乾燥魚市場のタボアン市場へ行こうか悩んで、
結局、
昼寝をしにホテルへ。
スポンサーリンク




時間は午後4時前だけど、昼寝に突入!!!
昼寝なんか日本じゃ絶対しない、
超贅沢!!!

じゃ起きるまで待ってね、、、、


フィリピ

ンランキング